バナー

合同説明会で社会に旅立つ予行演習を

合同説明会は、正式名称を「合同企業説明会」と言いますが、他にも「合同面接会」や「合同就活セミナー」など、似たような呼称で呼ばれる類似形式のイベントがあり、その開催目的・形式はほとんど同じです。
複数の企業が自社のブースを設置し、そこに人事担当のスタッフを配置、求職活動中の学生の質問に答えたり、自社のPRをおこなったりするというもの。



毎年数えきれないほどの学生が、就職活動に有益な情報を得ようと会場につめかけます。

合同説明会に参加している企業は、実に様々。
規模や職種も多岐にわたり、目的を持たずにただ漫然と回るには、時間がかかりすぎてしまうという側面もあります。

明確に希望職種があるのなら、しっかりと目標を定めて出かけるのが良いでしょう。ただ、どうしても大企業や人気職種には人が集中してしまうという部分もあります。
混雑の中ではしたい質問をするまでには至らないという学生も多いでしょう。


そういったところばかりめぐっていて、結局は何一つ収穫がなかったという方も皆無ではありません。


こういったセミナーは一度ではないものの、せっかく足を運ぶのですから、できれば上手に情報を得たいものですよね。

合同説明会では、人気が集中している企業だけではなく、人が少ない企業にも目を向けてみることをおすすめします。

人が少ない企業の労働条件が悪いということは、決してありません。



また、そういう企業ほどゆっくりと質問や話を聞いてくれるチャンスが多いこともあり、就職に際して役立つ情報を提供してくれる可能性は充分にあります。

日頃あまり正式に社会人と話す機会がない学生にとっては、敬語の使い方や会話のテンポをつかむための良い練習となることでしょう。



合同説明会の経験を活かすのは、他でもない自分自身です。
すべての経験を無にしないよう、目的意識を持って参加してみましょう。